テラ書堂

 Sims3の好き勝手ブログ 「ちょつぱ記」 の 分家

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: テラ書堂   Tags: ---

Comment: 2  

テラじいさんの書堂 その2

b (4)
あ~ 逃れ来た逃れ来た。


b (5)
何から逃れ来たかって?

そりゃもう日常の喧騒からよ。

…………主にノームの3人組。


b (6)
ウェ~イッ! ワシじゃぞーっ!


b (7)
……ふむ。 パロムとポロムはまだ寝とるらしい。

しゃーない。 いつもなんの連絡もしないで突然来るからの。


◆◆◆


b (8)
さて 今回は、と。


b (9)
やっ! ワシじゃ!


誓約嫌い
【誓約嫌い】


b (10)
これもまたあまりにも有名な一冊じゃな。

どんだけ有名かっつーエピソードにこんなんがあるな。

とある調査隊がさ、アフリカの秘境に住む部族の生活習慣かなんかを調査しに行ったんだって。

んで調査隊の一員にこの本を愛読してた奴がいて、夜寝る前にそいつがこれをバッグから
取り出したんだけど、近くにいた部族の男がこれの装丁をチラと見ただけで

「オ~! セイヤク ギライ ウドゥバウドゥバッ!」 とか言い出して 急に奇声を発しながら踊り出したんだって。

呆気にとられた隊員をよそに、その騒ぎを嗅ぎつけた部族の連中がぞろぞろ集まって、
一様に「セイヤクギラ~イッ!」「セイヤクギラ~イ ナノヨネー!」とかなんとか言いながら手ぇつないで輪になって
踊るんだって。

そんでしばらくしたら、どっから持ってきたのかわかんないけど、引き戸を抱えた族長がお付きの
者と一緒に現れて

「(ガラガラ) 話ハ 聞カセテモラッタ!」

とか、あたかも別の部屋から来ましたよー的な感じで言ったんだって。


b (11)
ほんだらもーそっからが大変よ。

族長を中心に他のやつらが全員「誓約嫌い」を取り囲んで、飲めや歌えの大騒ぎ。

朝までよ、朝まで。

んでその宴が終わりにさしかかった頃にさ、族長が部族の一人一人に、「誓約嫌い」を1ページずつ
破って配ったんだって。

「ウンコヲ 拭クガヨイ」 とか言いながら。

……持ち主だった隊員はポカーンよ。 そりゃそうよ。 勝手に破かれてトイレットペーパー
代わりに使われる予定なんだから。


b (12)
っていう大ベストセラーなわけよ。

…………え? 全然わからんって?

……うん ……まぁ ……いいよ。 ワシもよくわからんから。


b (13)
それじゃ本題に入ろうか。

まずな、これはタイトル通り、「誓約嫌い」なある男の話なんじゃ。

男の名前は木下ズッキーナ。 日系3.0世。

なんでわざわざ小数点つけてんだっていういきなりのツッコミどころ。


b (14)
こいつがさ、もーとにかく小さい頃から誓約ってのが嫌いで、なにかにつけて反抗するわけよ。

例えば「絶対○○しちゃダメ!」とか「時間厳守」とか「必ず連絡してね」とかそういうのに
超敏感なわけ。 読んでるこっちが引くくらい。

プロフィールとか書くときなんかはいつも 嫌いなことの欄しか書かないからね。

バイトの面接とかでも 「9時5時できる?」とか訊かれると途端に履歴書を店長にぶん投げて
立ち去るし、しかもその履歴書の特記事項には当然「誓約嫌い」って書いてあるわけ。

友達との約束なんかはすっぽかしてばっかだからね。

「今日も今日とて家でゴロゴロするのである」 ……である じゃねぇっつんだよ。

そもそもその友達が友達でいること自体オカシイわ っていう。

こんな奴がまともな人生を送れるはずがないじゃん。 そー思うじゃん。


b (16)
ところが なぁ~んか知らんけど、うまいこと暮らしていくっていう、自分勝手なことばっか
やってるくせに、いい方にいい方に転がっていくっていう不思議な展開の連続。

その描写の凄まじさがこれを大ベストセラーにしたんじゃろうけどね。


b (20)
んでやっぱあれよ、クライマックスの結婚式よ。

よくもまぁこんな奴が結婚式まで辿り着いたもんだと感心するわ。

ここまで誓約嫌いのフリを読まされてると、ここは逆にどんでん返しが起こるんじゃなかろうか、
なんて邪推しちゃうよね。

♪必ず最後に愛は勝つぅ~ 的なね。

…………でもさ、神父がお決まりの「誓いますか?」ってズッキーナに尋ねたらさ

「はぁ?」 とかめちゃくちゃ強い語気で言うわけ。

んでやっぱ誓うわけなくて、しかも神父が持ってた聖書をバンッてはたき落としてからほっぺに
ビンタするわけ。 しまいにゃズッキーナがなぜか持ってたニンニクを神父にいっぱいぶん投げ
るわけ。 んでキョンシーの動きを止めるためのお札みたいなのを神父のおでこに貼り付けたと
思ったら、今度は家族全員にも同じのを貼り付けていくわけ。

あ~…… ダメだこいつ。 って。 最後まで誓約嫌いを貫き通したわ。 って。

清々しささえ覚えたところでこの話は終わるのかと思って最後のページを開くと、ただ一行

「新婦にキス。 and more…」

とか書いてあるわけ。 もうつい エンモォァ ってネイティブ発音させられちゃうよね。
ついつい音読しちゃったもんね、ワシなんか。


b (21)
……っていうクソなお話じゃ。

じゃが! ワシはこれが大ベストセラーであることに一点の疑問も持たない。

なぜなら エンモォァ じゃから。


◆◆◆


b (24)
今回は「誓約嫌い」じゃったけど、どうじゃった?

お前らの感想なんかを聞きたい、ワシ。


b (22)
……え? あぁ~ ズッキーナの独白ね。

「俺が唯一誓約していること、それは誓約嫌いを貫こうと決めていること」

ってな。 ……その矛盾に腹が立つってか? なるほどな。

しかもそれあれじゃね? 友達んちでちくわをストロー代わりにしてジュース飲んでる
ときとかじゃなかった? ね? だよね。


b (1)
わかる。 わかるよポロム。 お前さんみたいないたいけな女の子があまり好き好んで
読むもんじゃあないよ、あれは。

でも誰もが知ってるベストセラーってのは、なるべくしてなったベストセラーじゃからして、
そこはしっかり認めんといけんよ。

そしてお前さんがもっと大人になったら、また読み返すといい。 また違った世界が見えて
くるじゃろうて。


b (23)
パロム。 お前はどうじゃ?

…………や 「ない」 じゃねぇよ。

なんかあr え? 「俺もけっこう誓約って嫌いな方だし」 じゃとぉ!?

うるせぇっ!


b (15)
ポロム、ちょっとパロムの頭冷やしてこい。


◆◆◆


b (17)



b (18)


b (19)


◆◆◆


b (2)
そしてジェファーソンは息を荒げ、仰向けになっているジェシカにこう言い放った。

「俺は船、お前は港」

ジェファーソンの青筋立った黒い豪華客船はジェシカの愛の灯台をひとつ刺激したあと、
するすると港に滑りこんでいった。


b (3)
「船長ぉぉぉぉぉ!」

絶頂を迎えたジェシカがそう叫び果てると、ジェファーソンものけ反りながら、港に白い荷を
降ろすのであった。

と。

………………。

……や …………も寝なよ。

スポンサーサイト

Category: テラ書堂   Tags: ---

Comment: 6  

テラじいさんの書堂 その1




Screenshot-2.jpg
ん~っ! ここへ来るのは久々じゃあ~。


Screenshot-3.jpg
あ、「久々」とか言われても「は?」ってなっちゃうよね?
そりゃそうじゃ。 だってワシ今までここ内緒にしてたもの。
あのノームの3人組にも教えとらん隠れ家じゃもん。


Screenshot-4.jpg
ワシこう見えても読書が好きでな、新刊が出るとここへ来ていちんちじゅう
過ごしてるんじゃ。

こないだたくさん新刊出たじゃろ? あん時はもー しばらくこっちで過ごしてたぞい。
そう、ちょうどワシがバーナクル・ベイからムーンライトフォールズに引っ越す前じゃ。

ちなみに今この世界にある本はこの書堂にすべて所蔵しておる。
じゃからワシに知らん本はない。


◆◆◆


Screenshot-5.jpg
おーーーいっ! ワシじゃぞぉ~!


Screenshot-6b.jpg
よし、簡単にこいつらを紹介しておこうかの。
緑の縦縞の男の子はパロム。 ワシには及ばんが黒魔法をそこそこ使えるクソガキじゃ。
反抗的で高慢ちきじゃが、本を愛する可愛い坊主。

橙の縦縞の女の子はポロム。 パロムの姉じゃ。
こやつは白魔法の使い手じゃから、ワシがここで過ごす間はケアルガをかけまくって
もらうんで、寝ずに読書が楽しめるんじゃ。 イイじゃろ?
きれい好きで優しい子じゃ。 パロム同様本の虫過ぎてヤバい。

普段はこの2人にこの書堂を管理してもらってるんじゃ。


Screenshot-7.jpg
お前ら…… ワシが久々に来たってのに、早速読書のことしか頭にないようじゃな……。


Screenshot-8.jpg
……ん~? 新刊読み切っちゃったのに、何しにここへ来たかって?

まぁここは居心地いいんでな、あらゆるものを再読してもいいんじゃが、そうではない。


Screenshot-9.jpg
やっ! 今更じゃが、ワシじゃ!


Screenshot-12.jpg
ここ「テラ書堂」では、毎回ランダムに本を1冊選んで、それについてワシがあれこれ
語る、というようなことをやってみたいと思っとる。


Screenshot-10.jpg
ワシの個人的な感想や評論じゃからして、無論それをどう捉えるも皆の自由じゃ。



Screenshot-11.jpg
それじゃ最初はポロムに選んでもらうとするかの。


Screenshot-13.jpg
よぉポロム。 今のお前さんの気分で選んでいいから、何かベストセラーを持って来てくれ。


Screenshot-14.jpg
あ、あのね、あの本棚、スカスカじゃけどね、あれはワシの選りすぐりしか入れとらんから
であって、またテラじいさんウソこいてんじゃねぇかとか思われたらカナシイ。


Screenshot-15.jpg
他の本棚に全種類入ってるのよっ! この書堂、2階も3階も本棚だらけなんじゃからねっ!


Screenshot-16.jpg
ちなみにワシが普段住んでる家にある本棚の中は、エッチなやつしかない。
エッチっつってもあれよ! 亀仙人が読んでる程度のやつよっ!


Screenshot-17.jpg
今はインターネットでいろいろ事足りるでの……。


◆◆◆


Screenshot-18.jpg
さてさて、ポロムは何を選びよったかの。


ベラはどこだ?
【ベラはどこだ?】


Screenshot-19.jpg
お~! これはあれじゃよ、ずいぶん昔に刊行されたものじゃが、今現在も愛され続ける
老若男女が楽しめる不朽の名作じゃ。
うんうん。 懐かしいのぉ。
ちなみに言っておくが、サンセット・バレーに住んでおるベラ・バチェラーさんとは無関係
じゃから、そこんとこ勘違いしないように。


Screenshot-20.jpg
大まかにはこうじゃ

5m近い身長の小学6年生のベラとそのお友達の日常を描いたドタバタ活劇。

なにそれ怖い…… と思うじゃんか? けどこのお友達ってのがまたいいやつらばっか
なんじゃよねぇ。
ベラはデカすぎるから学校生活は全部校庭。授業も給食も体育館での球技も。
プールは見学。だって1コースに収まり切らないから……。

んで先生が「次の文章、ベラさん」とか指すとクラスのみんな校庭の方を向くっていう。
給食んときはけっこう悲惨で、クラスメイトが一人ずつ教室の窓から外で口を開けてる
ベラにポンポン投げつけんの。うまいもんで、ペロッと完食しちゃうけどね。

体育館以外はベラは体育無敵。 想像に難くないでしょ?

んで毎日ホームルームんときに担任が「ベラはどこだ?」って言うの。

や、外じゃろw


Screenshot-21.jpg
冬は寒いから、移動教室でもなんでもねぇのに毎日キャンプファイヤーしてるしね。

ランドセルなんてお母さんに「6年間使うものなんだからっ!」つてかなりデカ目の
ドラム缶くらいのサイズを買ってもらったにもかかわらず、ベラにとっては普通の女子が
おトイレに持ってく小さいポーチみたいなもんだったからね。


Screenshot-22.jpg
遠足んときのバスの席決めんときは黒板に最初から「屋根 ベラ」って書かれてて笑ったわ。
んで遠足当日バスん中で担任が「ベラはどこだ?」とか言うのw

屋根じゃろw

なんでもないある金曜日の放課後、お友達の一人がベラに「今日パジャマパーティーしよぉ~」
とか抜かしやがって、ベラも「うん♪」とか言い出す始末で、どーすんだよ!?
って思ってたら、やっぱその友達んちの庭でL字型になって寝たっていうね、もう本人たちは
大真面目で生活してる感がスゴいんだわwww

んで翌朝お友達が、「あれ?ママ! ベラはどこ?」とか言ってんのーw


Screenshot-23.jpg
ほいでまぁなんやかんやそーいった出来事や事件がたくさん起きるんだけど、最後卒業式で
「6年3組 ベラ!」って呼ばれて、当然ベラは体育館に入れないから、校庭でおすましして
待ってるわけじゃん。

したら急に館内がザワメキ出してんの。 読んでるこっちとしては「外だろw」って思いながら
ページをめくるんじゃけどさ、なんか今までのことがウソだったかのように先生やクラスメイト
たちが

「ベラはどこだ?」

……つって終わるの。


Screenshot-24.jpg
で結局「や、外だよwww」ってなるの。

毎回そう。毎回読者に同じツッコミをさせるっていうスゴい本よ。


Screenshot-25.jpg
ま、不朽の名作だけはあるな、と。

この本は一言で言えば 「繰り返しツッコミドリル」じゃな。


◆◆◆


Screenshot-26.jpg
っとまぁここではこんな感じでやっていくでの。
ちょいと長ったらしくてメンドクサイってのはあるじゃろうけど、ワシがやりたかったこと
なんでしょーがない。


Screenshot-27.jpg
よしっ。 今日はこの書堂を紹介した記念すべき第一回じゃから、ワシもういっちょ
頑張っちゃう。


Screenshot-28.jpg
パロム、お前なんか好きなの取って来い。


Screenshot-29.jpg


Screenshot-30.jpg
パロムはな、わかりやすく言うと「口の悪いカツオ」じゃ。
ワシとはあまり性格が合わんかも知れんが、意外と努力家なところは認めておる。


Screenshot-31.jpg
ふむ。 パロムが選んだのはこれじゃな。


がけっぷちで
【がけっぷちで】


Screenshot-32.jpg
これな、ユーモア小説として刊行されとるが、途中までは完全にミステリーなんじゃよ。
ま、最終的には少し笑えるんじゃが、読んでると何度も錯覚に陥る。

犯人のトリックに関しては言わないから安心して。
トリックのネタバレだけは勘弁って人多いから。


Screenshot-33.jpg
私立探偵のフナコシと、同じく別の私立探偵ナギサがとある殺人事件を解決していくって
いう話なんじゃ。

お互いいろんな角度から謎を紐解いていって、最後は2人とも同じ犯人にたどり着くん
じゃが、クライマックスで訪れた崖の上で、フナコシとナギサのプライドのぶつかり合いが
始まるんじゃ。

もーそっからが大変。2人とも犯人を目の前にくんずほぐれつ取っ組み合いをしちゃうの。
「オレが先にこの犯人にたどり着いた!」だの「私の方が先にあのトリックを見破った!」
だの、子供のケンカみたいなことになっちゃって……

結局もみくちゃの2人は抱きしめあってキスをしながら崖の下に転落する。 ってとこで
おわりwww

長い「イエス! フォーリンラブ」的なものを感じる一冊じゃ。


◆◆◆


Screenshot-34.jpg
うむっ。 今日もいい本に触れたなみんなっ!

…………あてかなんで一回わざわざ外に出てきたんだかわからんけども、まぁいっか。
夕焼けがキレイじゃし……。


Screenshot-37.jpg
さ、夕ごはんの時間じゃ。
たんとお食べ。


◆◆◆


Screenshot-39.jpg
さぁて、ひと休みしたら、ムーンライトフォールズに帰るかのー。

あの子めら、ちゃんとゴルベーザにごはんくれてやってるかのぉ……?
前回毎食アイスクリーム食わしてたしなぁ……。




つづく

11 2012 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ちょつぱき

Author:ちょつぱき
ずっとバカなことをやっていたい
30オーバーの下品な"大人こども"です。

医療従事者という職業柄、時間の
あるときとないときの差が激しいので、
本家「ちょつぱ記」の更新もままなら
ないことがありますから、こちらの
更新はもっと適当でのんびりです。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。